冬のたまねぎ苗(セット苗、トレー苗)入荷中

今年は春先のべと病などの影響でタマネギがやや不足気味です。

通常の極早生品種が収穫できるのは早くとも三月下旬から四月にかけて。

しかし、それまでに収穫できるタマネギがあります。

12月下旬から1月にかけて収穫

8月に球の形で店頭にでていたセットタマネギのトレー苗販売です。

玉部分は生で食べられる甘さと柔らかさ、また葉つきで収穫した場合はゼリーが多い葉の部分も葱として食べられます。

セットタマネギは芽出が一番大変ですが、トレー苗はそれが既に終わった状態です。

トレーから抜いて畑に浅く植えるだけ! 肥料は一発肥料がおすすめです。

1月から3月収穫

極早生品種のレーン苗です。一歩ずつ

冬中に収穫でき、柔らかくおいしい。およそ40本前後入っています。

そろそろ4月どりのタマネギ苗を植え付ける準備を始める頃ですが、その前にこちらを少し植えておくと、早いうちから新タマが楽しめます。

じゃがいも・にんにく植え時期

夏もそろそろ終わりの様相を呈してきました。じゃがいも・にんにくが入荷中です。

じゃがいもは休眠時期があるのでおなじみの男爵やメークインなどは植えられません。そこで春夏兼用種を植えます。

有名なのはデジマ・ニシユタカですが、病気に強いサンジュウマル(二重丸ではなく、味よし、姿よし、育てやすいの三重丸です)や人気の普賢丸、皮の赤いアンデスがそろっています。そろそろ終わりの品種もありますのでお早めにどうぞ。

にんにくもすっかり家庭菜園の定番となってきました。

育てやすい暖地系にんにく、姿の綺麗な寒地系にんにく、がそろっています。ブームの黒にんにくを簡単に作れる器具も取り扱っています。

また、太ねぎ束、わけぎ・らっきょうは毎年すぐに売り切れになりますので、お早目にお願いします。

悪天候に活力資材を

今年の夏野菜は苗のうえつけから長雨が続き、一転して高温、さらに再びの大雨にみまわれ、植物たちにとっては実に過酷な環境下にいます。

さらに、今は収穫の真っ最中。植物全体に大きく負荷がかかっています。

こういうときには肥料をあげてもなかなか吸収されないので、それを助けるための活力資材がおすすめ。

地球環境は刻一刻と変わっており、それに伴い栽培の技術や、必要なものも変わってきています。ぜひ、店頭でご相談ください。

お盆休みのお知らせ

<お盆休みのお知らせ>

・本社  8月13日(金)~8月15日(日)
・JR大久保駅前店 8月16日(月)~8月18日(水)

 尚 神戸岩岡店は休まず営業しております
 
ご迷惑をおかけしますが、ご了承のほどよろしくお願いします。

大久保駅前店6月店休日のお知らせ

大久保駅前店の2021年6月の店休日のお知らせです。

6日、13日、17日、20日、24日、27日は
誠に勝手ではございますが店休日とさせていただきます。
お客様には、ご不便、ご迷惑をおかけいたしますが
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

緊急事態宣言に伴う全社営業時間の変更

緊急事態宣言に伴い、朝8時半から夕方16時までの営業とさせていただきます。

16時には完全に閉店しますのでその旨ご理解ください。

感染防止のためご来店の際にはマスクをおつけください。

店頭にアルコールが準備してあります。売り場に向かわれる前に手指の消毒をお願いします。

また、過密状態を防ぐためにもお連れ様がいらっしゃる方も、入店されます折にはなるべくおひとりさまずつでお願いします。

お客様には大変ご不自由をおかけしますが何卒よろしくお願いします。

春の野菜苗祭り本格スタートしました

※換気、アルコール消毒などCOVID-19対策はしていますが、お越しの際ははなるべく少人数で、マスクを正しく着用していただけるようご協力お願いします。

そろそろ本格的な春を迎えるにあたって、夏野菜苗が多数入荷しております。

定番のトマト、ナス、きゅうりなど、プランターや専門の袋栽培などベランダの小さいスペースでもできる夏野菜たちがところせましと並んでいます。

トマトはお弁当に使いやすいミニトマトも色々な種類や形があります。柔らかくて輸送に向かないもののお子さんや高齢者の方に食べやすい皮の薄いぷちぷよやピンキー、トマトの風味をがっちり楽しめる甘っこや甘いフラガールも問い合わせを多くいただいています。実がつきやすい単為結果性のトマトも数種類並んでいます。

マーボナスや焼きナス、バーベキューなど多種多様な料理にはそれぞれ向くなすびの種類があります。皮が薄く均等に火がはいる大長茄子の庄屋大長やふわとろ長茄子、型崩れのしないロッサビアンコや米ナスはBBQやフライに、水分をたっぷり含んだサラダ用茄子や水ナスなど。

また、きゅうりも高山地では水分補給、カリウムを補う重要な野菜であり、夏の日本にはぴったりの野菜。強い苗を適切に育てれば食べ放題です。連作障害の緩和や収穫を早めるために開発された台木の技術も、それ自体がしっかりと病気に強くきゅうりを病害から守ってくれます。

スイカは人気№1の夏武輝とシャリ感が特徴の縞王マックスという定番商品をはじめ、メディアに何度か登場した『種ごと食べても気にならないマイクロシード』のこだま西瓜『ピノガール』も並んでいます。核家族化、コンビニの台頭で冷たいものがすぐ入手できる今、スイカ離れの傾向にありますが、同時にその機能性も注目されてます。

この時期植える、しょうがサトイモ、長芋も届いています。

サトイモは、ほくほく系の赤芽大吉、ねっとりとした石川早生、愛知早生、大きくてしっかりした土垂など、他もまだ入荷予定です。

手軽にさらさらと食べられる長芋と、とても粘りが強い丸い山の芋や細長くしっかりしたねばりのある自然薯がそろっています。

また、近年しょうがも人気があります

育てるために必要なあらゆる資材もそろえております。総合肥料だけではなく、ピンポイントに必要な肥料も使い方と同時に案内できます。

ほかも本格的、だから使いやすい、安全丈夫な刃物や耕すための農耕器具もそろっていますので、手に取っていろいろ見てください。

ホームページリニューアルしました。

ホームページリニューアルしました。