ジャガイモ品種シンシア

じゃがいもは弊社でも人気商品で毎年秋位から予約が入ります。特にここ10年くらい人気があるのが『シンシア』という品種です。初めて見たときは大きな芋だなぁというものでしたが、試食で関東炊き(おでん)にいれたところ、ぼろぼろと崩れることはなく煮汁も澄み切ったままでした。

メークインも煮崩れはおきませんがシンシアはそれだけではなく舌ざわりがとにかくなめらかで御出汁がよくしみこんで美味しい。カレーにいれてもスパイスに負けない甘み。

また販売時は植えにくいと言われるその大きさですが、掘るときは大きな芋がとれるので作業性に優れています。さらに芽があさいので調理もしやすく、最初は敬遠されていたお客様も一度植えると次の年は11月くらいから取り置き予約のお問い合わせをいただくようになりました。

全国的にシンシア人気は高く多めに発注するのですが思うように入荷できない年もあってお断りすることもありました。

しかし、今年は豊作なのか店頭で初めてのお客様にも見ていただけるようになりました。

ぜひ一度その大きさやなめらかな形を直接ご覧ください。

シンシア・大きい!

あけましておめでとうございます

昨年は水田種苗園をご利用、ご愛顧いただきありがとうございます。

従業員一同、2023年もお客様のお役にたてるよう鋭意努力していきます。おひきたてのほどよろしくお願いします。

さて、年も明けてじゃがいもの種芋の販売シーズンに突入し、連日お問い合わせのお電話やご来店のお客様で店内も盛り上がっております。

今年は20種類以上の品種が店内に並んでおります。毎年初めていらっしゃるお客様には「こんなにたくさんの種類があるなんて」と驚かれますが、40年前はメークインと男爵のみだったと思います。

ジャガイモの種類自身は昔から沢山あったのですが、一般のお客様も青果店などでご覧になるのは殆どその種類だけだったと思います。

それが変わってきたのが北海道のキタアカリのブームが大きかったと思います。ほくほくしたほの甘い香りの丸いジャガイモを旅行などで食べた人たちの口コミやお土産で評判が広がりました。けれど芽が赤いということで病気と勘違いされて敬遠されるという嘘のような話も多く聞かれました。

さらに今では定番品種の「とうや」や、もう今はない「花標津」などの新品種や加工に使われていた従来からの品種ホッカイコガネ、紫色の「シャドークイーン」、さらには当時国民的アイドルだったSMAPの料理番組でもとりあげられた高級品種「インカシリーズ」とどんどん並べるようになってきて今では商談にお見えになったメーカーさんにすら驚かれる規模になっています。

ジャガイモはコロンブスが新大陸から持ち帰ったもののひとつであり、フランス革命の主人公の一人ルイ16世が広めた救荒作物、さらにはアイルランドの飢餓と新大陸への移民増加の要因のひとつなど歴史の大きな出来事にさりげなくかかわっています。

弊社におきましてもじゃがいものラインナップや展示(昔は黄色いコンテナ二つが並んでいるだけでした)の変化に会社の歴史を感じ感慨深い思いで箱を積んでいます。

にんにく販売中

寒地系と暖地系にんにくどちらも今なら在庫があります。

嘉定ニンニク、六片種(福地ホワイト)など国産の代表ニンニクがそろっています。

BBQで大人気のジャンボニンニクも!

※暖地系はお手頃価格の輸入もあります。

玉葱栽培予定の方はその続きに一緒に植えてください。

じゃがいも入荷

秋ジャガイモ入荷しました。

ニシユタカ・デジマ・アンデスなどのお馴染みの品種以外も入荷しています。

ジャガイモは比較的チャレンジしやすい作物ですが、植えるときのポイントは

・まるごと植えること

・暑さでタネイモが畑で腐らないうちに発芽させること

が重要になります。

今年も流通量は減少していますが、昨年とほぼ同じ数量は確保しました。

お客様のお越しをお待ちしております。

猛暑対策、追記

夏は早朝もしくは夕方に作業する方が多いですが、それでも年々上昇する暑さは命の危険を感じるレベルです。

夏の作業は手早く休憩をとりながらが基本ですが、防御も大事です。

つきましては岩岡店ではレジ前に特設コーナーを設けました。

数年前から人気のあるモーターファンつきのジャケット、ベスト(店頭にサイズがない場合取り寄せもできます)や、携帯ファンに加え今年から新発売の循環型冷却ベストも陳列しています。また、去年の夏、大手通販サイトなどで一瞬で売り切れた水滴のつかない快適なネッククーラー(チューブ型)も入荷しました。

ネッククーラーは今までの類似商品と違って水滴やずれなどの不快感がまったくなく、冷やすのも冷凍庫なら30分、氷水で15分で充分1時間くらいは涼をとれます。

是非、店頭でお手に取ってみてください

7/9追記 社員がネッククーラーを試しに一日装着して外出してみましたが、室内で外して外に行くときに再び装着してもクーラーなどで冷えているため、冷蔵庫やクーラーバッグにいれなくても清涼感は継続しました。

猛暑対策

短すぎる梅雨が終わり、6月の段階で連日の猛暑が続いています。

夏野菜は夏に適した作物であるとはいえ、過ぎる暑さは植物に多大なストレスを与えます。

また、ハウスなどでの作業では全国で毎年熱中症のひとが出ています。

昔は黒いスクリーンが一般的でしたが、黒は熱をためやすいので今は白い遮光、遮熱スクリーンが販売されています。

太陽光を乱反射させることによって遮熱と遮光をしながらも手元が明るく作業しやすく、また開放感があります。

予算や使用用途に合わせてお選びいただくことができます※

ハウスだけではなく、お家の窓やテラスに設置することでお部屋の温度の上昇を抑え、節電にもなります。弊社は毎年夏に各店舗にカーテンのように張っていますが、暗くならず快適です。

ぜひ、立ち寄った際に店員にお声をかけてください。

※店舗切り売り分もご用意していますが工場で加工出荷の商品もありますのでお日にちをいただく場合もあります。

サトイモ・夏苗入荷

気温があがり、春の菜園シーズンがいよいよ始まりました。

まだ肌寒い朝晩ですが、にんじんなどいくつかの野菜は露地での種まきができます。

その中の代表的な品種、とうもろこしは今までは黄色一択という風潮でしたが最近は各メーカーがホワイト種のやわらかく瑞々しい新品種を開発し、またコロナ禍からのアウトドア志向も強まりポップコーンや、写真映えするバイカラーなど選択肢が増えてきました。収穫時期も80~90など多様なので店頭でお問い合わせください。また、トウモロコシは風媒花であり、自家受粉ができないのである程度まとまった本数を植える必要があります。およそ30センチ間隔で二列で植えます。間が空いてはいけないので直播の場合一か所3~4粒蒔き、少し成長したらよい苗を一本選び、後は根本からハサミで切り落としてください。

同じく夏の風物詩、枝豆も今から極早生の6月どりの品種から逆に6月末にやっと播種できる丹波の黒大豆まで播種時期が長いので畑のプランにあわせてご検討ください。昔は緑か黒でしたが今は茶豆も人気です。

他、トマトやウリなどの果菜類から、小松菜やエンサイなどの葉菜、ラディッシュ、にんじんなどの根菜などこの時期のタネは棚に満員御礼状態。また駅前店中心に花の種、苗も勢ぞろい。今年は賞をとったジキタリスの花を駅前、岩岡店で取り扱っています。育てるとすらりとしたゴージャスな姿になります。また、四季なりいちご、白いちごなどかわいくて目を休める苺苗もあります。

また、ハウス・温室栽培のお客様用のトマトやきゅうりの苗が店頭に並んでおります。三月末にはサトイモも始まります。果樹もそろそろ後半戦、流行の🍋もまだございます。

まだ畑は早いと思われている方もいらっしゃいますが、土づくりなどはもうすでに始まっています。どうぞご相談ください。

この時期、明石から神戸西区は景色もよく、いかなごやトマト、アスパラなどおいしいものが沢山あります。おでかけがてらぜひ足を延ばしていただきたいです。

春じゃが入荷開始

お待たせしました。新春植え付けのじゃがいもの入荷が始まりました。今年は全25種類。

定番商品から新しい品種まで順次入荷してきています。

狭い場所でも収穫でき、失敗も少ないので初めての方でも比較的始めやすいです。

じゃがいもはナス科で連作を嫌うので、前回植えた場所、またナスやトマトを植えた場所はなるべく避けてください。

また石灰などをまかないこと。ジャガイモは酸性に強いのでそのままでも大丈夫です。また土中に酸素がいきわたるように土づくりもかねてしっかり耕してください。

畑や庭が無い方はポテトプランターという袋栽培もあります。

また、毎年のことですが植えるのはまだ先ですが、種イモは早くからお買い求めされるお客様が多く、いざ植えつけ時期になったときにお目当ての品種がないことが多々あります。

もうすでに一部の品種が完売しております。なるべく早く来店ください。

冬のたまねぎ苗(セット苗、トレー苗)入荷中

今年は春先のべと病などの影響でタマネギがやや不足気味です。

通常の極早生品種が収穫できるのは早くとも三月下旬から四月にかけて。

しかし、それまでに収穫できるタマネギがあります。

12月下旬から1月にかけて収穫

8月に球の形で店頭にでていたセットタマネギのトレー苗販売です。

玉部分は生で食べられる甘さと柔らかさ、また葉つきで収穫した場合はゼリーが多い葉の部分も葱として食べられます。

セットタマネギは芽出が一番大変ですが、トレー苗はそれが既に終わった状態です。

トレーから抜いて畑に浅く植えるだけ! 肥料は一発肥料がおすすめです。

1月から3月収穫

極早生品種のレーン苗です。一歩ずつ

冬中に収穫でき、柔らかくおいしい。およそ40本前後入っています。

そろそろ4月どりのタマネギ苗を植え付ける準備を始める頃ですが、その前にこちらを少し植えておくと、早いうちから新タマが楽しめます。

じゃがいも・にんにく植え時期

夏もそろそろ終わりの様相を呈してきました。じゃがいも・にんにくが入荷中です。

じゃがいもは休眠時期があるのでおなじみの男爵やメークインなどは植えられません。そこで春夏兼用種を植えます。

有名なのはデジマ・ニシユタカですが、病気に強いサンジュウマル(二重丸ではなく、味よし、姿よし、育てやすいの三重丸です)や人気の普賢丸、皮の赤いアンデスがそろっています。そろそろ終わりの品種もありますのでお早めにどうぞ。

にんにくもすっかり家庭菜園の定番となってきました。

育てやすい暖地系にんにく、姿の綺麗な寒地系にんにく、がそろっています。ブームの黒にんにくを簡単に作れる器具も取り扱っています。

また、太ねぎ束、わけぎ・らっきょうは毎年すぐに売り切れになりますので、お早目にお願いします。